のだっこDAYS

お茶碗の日

本園の給食は、お弁当箱に入っています。蓋を開けた時の喜びが味わえること、準備や片づけも子供たち自身の手で行えること、スムーズな準備により、午前中多くの活動時間を確保できることなど、メリットは多いです。

しかし、茶碗を片手で持ち上げて、姿勢正しくたべる経験も積みたいとの思いから、「お茶碗の日」をつくっています。

この日は、茶碗の置く位置を確認したり、茶碗を持って食べることを意識したり楽しみながら、作法も学んでいます。

ごはんは、温缶に入ってくるので、3歳児さんが「きょうの”ぽかぽかごはん”おいしい~!」と言っておかわりもしていました。”ぽかぽかごはん”いっぱいたべておおきくなろうね。